犬のトリミングと聞くと、血統証付きの長い毛を持つ犬向けサービスと思う方もいるでしょう。

すでに犬と暮らしている方は、トリミング料金が意外に高額だったり、予約や当日の送迎に手間暇がかかったりと不便さを感じることもあると思います。

そこで今回は、犬が健康で衛生的な暮らしを送る上で欠かせないトリミングについて詳しく解説いたします。

この記事の執筆・監修者
大谷幸代ペット専門学校講師
氏名大谷幸代
専門分野トリマー、トレーナー
著書新しい家族のかたち保護犬・保護猫と暮らすときに知っておきたい10のこと

トリミングはすべての犬種に必要な生活習慣です

トリミングは、トリマーがハサミやバリカンを扱い繊細なカットを施したり、家庭では洗いきれない汚れまでスッキリとシャンプーで洗い流してくれるサービスを言います。

トリミングは想像以上に高額


気になる料金相場は、トイプードルのようにデザイン性の高いカットを施す場合は7000~10000円ほど、チワワやダックスといったシャンプーのみで完了の犬種は3000~5000円ほどが目安です。

犬の健康や衛生管理の観点でみると、トリミングの利用サイクルは1~1.5か月に1回が理想とされています。

この金額と頻度を知ると、想像以上に高額と感じる方が多いのも当然です。

トリミングは専門的な技術が必要な難しい作業

トリミングショップでは1匹の犬のシャンプー、カットなど一連の作業を終えるまで2~4時間も要することがあります。

犬の中にはシャワーが苦手なタイプや、爪切りやブラッシングを嫌がり暴れ、噛みつくタイプもいます。

トリミング時は専門的な技術を持った担当者が一頭の犬につきっきりでサービスを提供するので、人間向け美容室に比べ高額になるのも仕方がありません。

自宅でもトリミングをすることは可能

トリミングは、ごく一部の犬種にだけ必要な習慣ではありません。犬のサイズ、被毛の長さ、年齢、生活環境にかかわらずすべての犬に定期的なトリミングは欠かせません。

ただし必ずしもトリミングショップを利用する必要はなく、自宅でも十分なトリミングを施すこともできるのでご安心を。

トリミング料金に含まれるお手入れの内容は?

実際にトリミングショップに足を運んでみると、シャンプーコース、カットコースのほかに様々なオプションメニューが提示され、いったいどの内容でオーダーをしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。

犬に定期的に欠かせないお手入れはこの5つです。

トリミングメニュー

  • シャンプー
  • 爪切り
  • 耳掃除
  • 肛門腺絞り
  • 足裏、足回りの被毛のカット

これらを一カ月に一度の目安で行います。プードルの様に被毛が長く伸びる犬種は、上記の内容に加えてカットも行います。

一般的にトリミングショップでは、上記の内容を基本とし、シャンプーコースとして提供しています。

自宅でトリミングを行う場合もトリミングショップ同様に、上記内容を全て行いましょう。

爪切りや耳掃除だけを依頼することもできる

ただし犬が爪切りや耳掃除を過度に嫌がる場合は、爪切りのみなど、部分的なお手入れを500円程度でトリミングショップや動物病院に依頼することもできるので、自宅で行うお手入れとプロに依頼する内容とを組み合わせる方法もオススメです。

ワンちゃん、ネコちゃんの爪が伸びすぎていると、床や家具を引っかいたり、抱っこしたときに爪が引っかかったりするだけでなく、カーペットなどに引っ掛けて生爪をはがしてしまったり、伸びすぎて指に刺さってしまったりします。

普段から、爪の状態を観察しておいて、伸びすぎている場合は、専用の爪きりできってあげましょう。

引用元:吉永動物病院「日常のお手入れ」

シャンプーの頻度は月に1回が目安!洗いすぎには要注意

犬のシャンプーの目安は月に1回程度です。人間の場合月に1度の入浴は不快そのものですから、犬を不憫に感じる方もいるでしょう。

でも犬の皮膚は人間よりも薄くデリケートです。頻繁に洗うことで皮脂が過剰に失われ、乾燥肌やフケ症といったトラブルを起こすこともあります。

その上、多くの犬は水で体が濡れることを本能的に不快と感じるので、犬にとって入浴は必ずしも癒しにはなりません。

愛犬の臭いや汚れが気になる場合は、被毛の根元からしっかりとブラッシングをすると、汚れや毛のもつれ、気になる臭いが軽減できます。

参考:長者原動物病院「犬のシャンプー」について

トリミングショップの料金相場は?

一般的なトリミング料金の相場はこちらです。

メニュー料金
小型犬シャンプー3000~5000円
小型犬シャンプー&カット5000~8000円
中型犬シャンプー5000~8000円
大型犬シャンプー 8000~10000円

トリミングショップの料金は地域や施設の規模はもちろん、トリマーの技術レベルによっても異なります。これは人間の美容室を利用する場合と同じですね。

トリミングショップ
あなたの街のトリミングサロン・ペットホテル検索サイト トリムトリム

さらには全国にチェーン展開するトリミングショップやカリスマと呼ばれるトリマーが在籍するトリミングショップでは、有料の指名制度も導入されています。

子犬や多頭飼いの場合、割引料金が適用される場合が多いので、気軽に問いあわせをしましょう。

料金は犬のサイズ、毛量、被毛の状態、作業のしやすさで総合的に判断

犬の場合、同じ犬種でもサイズのバラツキがあり、時には同じ犬種でも2倍以上も体重に差があることも珍しくありません。

サイズが大きくなれば作業時間も長くなります。トリミングショップでは一律の料金設定や犬種ごとに分けた単純明快な料金の設定が難しく、多くの場合、料金表に追加料金が生じる可能性がある旨を記載しています。

ミックス犬の場合は事前に問い合わせを

多くのトリミングショップでは料金表の記載を犬種別に行っていますがこれはあくまでも目安です。

犬種名と料金をまずは記載し、毛玉や抜け毛、噛みつきなど作業に追加時間を要する場合は、別途追加料金が生じる仕組みを導入しています。

このような仕組みの場合、ミックス犬の料金は?毛玉が多い場合、追加料金はいくら?と疑問が生じます。

トリミングショップを利用する際に料金に関する疑問がある場合は、必ず事前に確認をしましょう。

ミックス犬の場合、料金表に記載された同サイズの犬の料金を参考に算出することが一般的です。

毛玉やもつれによる追加料金は、トリミングショップごとに算出方法が異なるので、当日の受付時に事前に確認を済ませておくと安心です。

また電話やメールによる問い合わせでは、トリマーが実際の犬の状態を正しく把握できず、確実な金額を約束することはできません。

料金を事前に知っておきたい場合は、犬を連れ、トリミングショップに足を運び、トリマーに実際に犬を見せ、料金を算出したうえで予約へと進むと安心して利用できます。

オプションメニューも上手に活用を

愛犬の体臭が気になる、被毛の手触りが悪く艶が無い、高齢になって皮膚トラブルが気になるなど、汚れを取り除くためのシャンプーだけでは十分と思えない場合は、オプションメニューの利用が効果的です。

トリミングショップの定番オプションメニューは次の通りです。

  • トリートメント
  • エステパック(泥パックやハーブパック)
  • マイクロバブル洗浄
  • 温泉浴

それぞれの効果効能が異なるので、愛犬のお悩みに合わせてトリマーと相談をしながら、上手に活用してゆきましょう。

カード払いOK?支払い方法は事前に確認を

カード払いOK?支払い方法は事前に確認を

今やキャッシュレス決済は便利ですが、トリミングショップの多くは小規模、個人経営です。そのためキャッシュレス決済の導入を行っていない場合が多いので、決済方法は事前に確認を済ませておきましょう。

特にペットホテルの利用など高額な支払いが生じる場合は、キャッシュレス決済の可否は忘れずに調べておくと安心です。

自宅でもOK?自宅お手入れ派が増加中

ペットショップの店頭には様々なペット用シャンプーが並び、ペット向けに開発されたドライヤーや高吸収繊維製タオルや様々なブラシも販売されています。
トリミング費用を節約するためにも、自宅でシャンプーやカット、お手入れを全て済ませたいという方も多いでしょう。

犬のシャンプーは決して難しい作業ではなく、自宅でも十分対応可能です。
ただし、シャンプーは犬の体調や性格を考慮し、無理強いをせず、手際よく短時間で終えるよう心掛けておきましょう。

ドライヤーの生乾きは要注意

ドライヤーの生乾きは要注意

自宅シャンプーの際に何より注意すべきポイントは、被毛の生乾きです。
生乾きを起こしやすい部位は次の通りです。

  • 耳の付け根
  • 顎から前胸
  • 脇の下
  • 内股
  • 尻尾
  • 後ろ足の太もも

生乾きは悪臭の原因になるだけでなく、毛玉やもつれも悪化させます。
愛犬がドライヤーを嫌がる場合は、温度設定を低くして弱い風量で時間をかけ乾燥しましょう。

ドライヤー時間の短縮には、シャンプー後のタオルドライを念入りに済ませておくと効果的です。

お手入れ教室が全国で定期的に開催されています

お手入れ教室が全国で定期的に開催

犬の爪は人間の爪と違い筒状で、黒色をしていることもあります。実際に爪切りに自宅で挑戦してみると、深爪や出血を起こすことも少なくありません。

全国のトリミングショップやペットショップ、動物病院では定期的に犬のお手入れ教室を開催しています。

爪切りや耳掃除、肛門腺絞りなど、犬に定期的に欠かせないお手入れの方法を無料セミナースタイルで開催しているので、ぜひ気軽に参加してみてください。

また動物病院受診時に、爪切りや耳掃除の方法の指導を受けることもできるので、苦手意識を持たず、チャレンジしてゆきましょう。

トリミングはしつけも兼ねた習慣化がオススメ

自宅でシャンプーや爪切り、耳掃除を自宅で行いたいと思うものの、実際に挑戦してみると想像以上に難易度が高く諦めてしまった方も多いでしょう。

初めての自宅シャンプーや家族による爪切りは、家族だけでなく犬も緊張感を抱いています。

お互いが不慣れな状態で挑戦するのですから、初回から完璧な仕上がりになることはあり得ません。

まずは1日爪1本、耳掃除は2,3日に分けて両耳の掃除を完了させるなど、お互いが負担に感じない時間や内容でゆっくりと取り組んでゆきましょう。

自宅シャンプーやお手入れは、しつけの効果はもちろん、高齢期の介護やお世話にも大いに役立ちます。

ペットは大切な家族だからこそ、トリミングもしっかりと取り組んでゆきましょう。